MEMORIBA
知的財産権

ツイッターやインスタと歌詞の著作権

ツイッターやインスタと歌詞の著作権

ツイッターやインスタグラムといったSNSでは、自分の好きな音楽の歌詞を呟いたり、キャプションとして載せる場合もあるかもしれません。

通常、全ての著作物には著作権があり、作者に無断で著作物を使用してはいけません。

ただし、限られた範囲の私的利用や、「引用」の条件を満たした使用の場合は、著作権の侵害には当たりません。

ブログで活用「引用」の方法ブログで活用「引用」の方法 ブログで文章を書く際に、他人の書いた文章を使用したい場合があると思います。 たとえば、有名な著者の小...

この私的利用の範囲は非常に難しく議論が分かれます(一つの目安として、売り上げに影響しないことがあります)が、ネット上に公開することは、その範囲を越えたものと考えられます。

同じように、歌詞も、手紙やメールではなく、ツイッターやインスタに掲載すると、基本的には著作権侵害であり、「違法」な行為となります。

この件について、音楽や歌詞の著作権管理を行なっているJASRACは、過去に、ツイッターで行われる歌詞のつぶやきに関する使用料は検討中、と語っています。

JASRACは音楽の著作権を管理する団体で、著作者に代わって利用料を徴収する業務を行なっている。今回の騒ぎを受けて、JASRAC広報に問い合わせてみたところ、ツイッターで歌詞をつぶやいた場合の利用料について「現在も検討中だ」と答えた。

出典 : ツイッターで歌詞をつぶやいたら、著作権法に触れる? | 弁護士ドットコム

この場合の使用料というのは、つぶやいた本人ではなく、ツイッター社に請求する、ということのようです。

一方、歌詞と言っても全文ではなく、歌詞の好きな一節をツイートやキャプションで掲載するなど、わずかな文章量であれば著作権侵害ではないのではないか、という声もあります。

著作権に詳しい福井弁護士は、次のように違法か否かのラインを説明しています。

まず、著作権が働くのは『創作的な表現』であって、ごく短いフレーズはなかなかあたりません。ですから、既存の曲から、歌詞のごく短い一部だけを借りてくる場合には、ひとの著作物の利用にはならず、問題はありません。

どの程度の短さなら良いかと簡単には言えませんが、私はかつてコラムの中で『♪にくいよ!この、ど根性ガエル』(『ど根性ガエル』主題歌のフレーズ)程度はいいのでは、と書いたことがあります。

他方、歌詞ではありませんが、短いフレーズという点では、かつて裁判で『ボク安心 ママの膝よりチャイルドシート』という交通標語が、いわばギリギリで著作物だと認められたことがあります。このあたりがひとつのヒントになるかもしれませんね。

出典 : ツイッターで歌詞をつぶやいたら、著作権法に触れる? | 弁護士ドットコム

福井弁護士は、「歌詞のごく短い一部だけを借りてくる場合」には、著作物の利用には当たらない、と指摘します。

しかし、全ての著作物が短ければ著作権侵害には当たらないのか、と言うと、「短いままでも一つの作品」という著作物もあります。

たとえば、例として挙げられている交通標語、また俳句や短歌なども文字数としては短いですが、れっきとした一つの著作物です。

そのため、交通標語や俳句、短歌などをツイッターやインスタに無断で掲載すると「著作権侵害」に当たります。

ただ、著作権は、一部の例外をのぞき、基本的には侵害された作者が訴えないかぎり問題にならない「親告罪」です。

さも自分が作者のように剽窃したらアウトですが、しっかり作者名などを掲載すれば、実際は、それほど作者側が訴える、問題視する、というケースも少ないと思います。

いずにれせよ、ツイッターやインスタで好きな歌詞の一節を呟くだけでその都度使用料を徴収する、というのは、これだけSNSが一般的になっている時代に、現実的ではありません。

今後は、ツイッター社などとJASRACが、個別に包括契約を結ぶ、ということも考えられるでしょう。

以下は、初心者でも分かりやすい、著作権に関するおすすめの書籍です。

デザイナーや写真家、ブロガーなど、フリーランスを始めるのによいでしょう。