MEMORIBA
芸術・文学

サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』と青空文庫

サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』と青空文庫

最近久々にサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』を読んだのですが、相変わらず胸に沁みました。

あれは青春小説と銘打たれていますが、10代の頃の、インチキな大人と無垢な子供のはざまで、真っ当でありたいけど自分もインチキになっていくという不安の、何かそういう引き裂かれる心情は、大人になってからのほうがむしろ深く深く沁みいるかもしれません。

社会人になって30代くらいで理想と現実で苦しんでいるとき、腐った上司に耐えられないけど、自分もだんだんあの上司と同じ顔になっているのではないか、という葛藤や苦悶にダイレクトに響くような気がするので、むしろ30代前半くらいのサラリーマンにおすすめの小説なのでは、と思います。

実際作者のサリンジャーが『ライ麦畑でつかまえて』を書いたのも30歳くらいの頃なので、やはり同年代(30代前半)に共感性が高い作品なのではないかと思います。

さて、『ライ麦畑でつかまえて』では、主に有名な翻訳として、50年近く前に出版された野崎孝翻訳でこの「ライ麦」というタイトルを広めた『ライ麦畑でつかまえて』と、2003年に出版された村上春樹翻訳の原題どおりの『キャッチャー・イン・ザ・ライ』が有名です。

どちらもなぜか白水社で白水社以外から『ライ麦畑でつかまえて』は出版されていません。どうやら最初の契約でこの作品は白水社以外から出版しない、といった契約になっていたようです。

野崎訳と村上春樹訳、これは結構好みが分かれ、野崎訳は長年「ライ麦」と言えばこれ、という代表だったので、この作品のホールデンの語り口のドライブ感が、ホールデンらしさ、ライ麦らしさとして浸透しているように思います。

村上春樹訳はだいぶ「村上春樹」です。僕自身はどちらも好きですが、村上春樹的な文体が苦手だったり、物語として入り込みたいひとには、野崎訳のほうがおすすめかな、と。

ところで、『ライ麦畑でつかまえて』は1951年にアメリカで出版され、もう立派な古典と言ってもいい作品です。

古典ということで、著作権切れの文学作品を中心に掲載し誰でも無料で読めるようにしてくれているサービス「青空文庫」のラインナップに、この『ライ麦畑でつかまえて』は入っていないのでしょうか。

残念ながら、(そもそも青空文庫には海外作品があまり掲載されていませんが)サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』はありません。

理由は、「サリンジャーの著作権が切れていない」からです。

著作権は、作者の死後50年(今は法律が変わって死後70年)が経過すると切れるという仕組みになっています。

なんとなく古典なのでサリンジャーも昔のひとのように錯覚しますが、実はサリンジャーが亡くなったのは2010年、91歳のときでした。ものすごい長生きをしているんです。

それではどうして昔の作家と錯覚しているかと言うと、サリンジャーが1965年を最後に一切表舞台から消え、小さな町で隠れるように暮らし、以降作品も公表しなかったからだと思います。

この辺りのことは、サリンジャーの伝記映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』で詳しくわかるので、『ライ麦畑でつかまえて』を読んだあとは、もしよかったら映画のほうもおすすめです。ホールデンの想いと重なって心揺さぶられるよい作品です。

と言うわけで、もしサリンジャーの作品が青空文庫に並ぶとしても死後70年。

翻訳の著作権は翻訳家も関わってくるでしょうから、野崎孝さんが亡くなったのが1995年なので掲載されるとすればこの野崎訳『ライ麦畑でつかまえて』ですが、それでも、2080年ということになるでしょう。

以下は、初心者でも分かりやすい、著作権に関するおすすめの書籍です。

デザイナーや写真家、ブロガーなど、フリーランスを始めるのによいでしょう。