MEMORIBA
芸術・文学

星の王子さまのイラストの著作権と青空文庫

星の王子さまのイラストの著作権と青空文庫

サン・テグジュペリの代表作『星の王子さま』は、大人から子供まで愛される童話小説で、1943年にアメリカで出版され、200以上の国と地域で翻訳。世界中で1億5千万冊を超えた不朽の名作です。

初めて読んだのがいつだったかは忘れましたが、大人になってからもときおりふと手にとって読みたくなる作品です。

作者のサン・テグジュペリはフランス人作家で操縦士、1900年に生まれ、1944年に亡くなります。また『星の王子さま』のなかには挿絵として可愛いイラストが入っていますが、このイラストもサン・テグジュペリ自身が描いています。

作品の著作権は、死後50年(現在の日本の法律では70年)で著作権切れになり、戦時加算も含めると、岩波書店によれば日本では2005年にサン・テグジュペリ作品の著作権が切れ、自由に翻訳が可能になったため、その当時数々の新訳が出版されました。

タイトルは、日本では『星の王子さま』が主流ですが、フランス語の原題は『Le Petit Prince(英語『The Little Prince』)で正確な翻訳は『小さな王子さま』になり、こちらのタイトルで出版された新訳もあります(『星の王子さま』というタイトルの名付け親は、岩波版翻訳者の内藤濯さん)。

また、作品だけでなく、先ほども触れたとおりイラスト(挿絵)もサン・テグジュペリが描いているので、イラストも著作権切れし、絵を自由に使用することができます。

自由に使用できるということは、フリーで使っていい、ということです。たとえばツイッターやインスタなどSNSのアイコンにイラストを使用してもよく、サイトに作品を掲載しても構いません。

星の王子さま イラスト 星の王子さま

ただ、注意点が二つあります。

一つは、コラボに当たっては原作ファンの心情もあり、商標権や同一性保持権の問題も生じる場合があります。ファン心理も、商標権の問題も複雑なものがあるので、イラストを商用利用しようと思ったら商標登録などを調べたほうがよいでしょう。

>>「星の王子さま」コラボ商品、権利侵害の批判受け2日で販売終了…本当に法的問題はあった?

もう一つは、著作権切れと言ってもあくまで「原作」の著作権切れであり、翻訳家の著作権はまだ切れていないので翻訳版を無断転載することはできません。

ただ、著作権切れした文学作品をボランティアで掲載している青空文庫には、『星の王子さま』もあります。

翻訳版がまだ掲載できないのに、なぜ青空文庫に『星の王子さま』があるのでしょうか。

これは、原作をもとにした新訳で、翻訳家の大久保ゆうさんが翻訳した『あのときの王子くん』です。原作とイラストは使用可能なので、新しく翻訳し、青空文庫で公開しているようです。

以上、『星の王子さま』のイラストの著作権と青空文庫でした。

以下は、初心者でも分かりやすい、著作権に関するおすすめの書籍です。

デザイナーや写真家、ブロガーなど、フリーランスを始めるのによいでしょう。