MEMORIBA
知的財産権

漫画の一コマやドラマのワンシーンと著作権

漫画の一コマやドラマのワンシーンと著作権

よくブログやツイッターで、人気漫画の一コマの写真が転載されている場合があります。

おそらく作者や出版社に許可を得ていないでしょうから、「無断転載」ということになります。

歌詞の場合、短いワンフレーズ程度ならツイッターなどで呟いても著作権的に許されると考えられます(「愛してるの響きだけで、強くなれる気がしたよ」というツイートを端からレコード会社やミュージシャンが訴える、というのは現実的ではありません)が、漫画の一コマ、あるいはドラマや映画のワンシーンなどは、わずかでも著作権侵害であり、厳密には違法となります。

著作権が発生する著作物の定義は、思想または感情を創作的に表現したものであって文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するものです。

この「著作物」を作者に黙って無断転載すれば、当然ながら「著作権侵害」に当たります。

ただし、無断転載をしても許される場合が大きく分けて二通りあり、一つは「許可が出ている場合」、もう一つは「引用の範囲内の場合」です。

①許可が出ている場合

たとえば、漫画『ブラックジャックによろしく』は、作者の佐藤秀峰氏が、漫画の二次使用を許可。商用、非商用問わず、フリー素材として自由に利用していい、と公言しています。

著作権で収入を得る、という今のやり方は、もう時代に合わなくなってきているんじゃないかな、というのは肌で感じています。著作権でお金を得るビジネスモデルとは別の方法を試していかないと(佐藤秀峰)。

出典 : 漫画家『佐藤秀峰』にきく「前例なき大ヒット漫画の二次使用フリー化に挑む理由」

大ヒット漫画である『ブラックジャックによろしく』ですが、最終巻が出版されたのは2006年。以来、重版がかかっているわけでもなく、印税は一円も発生していない。

それならいっそ、どんどん二次使用してもらおう、と佐藤さんは考えたそうです。

その結果、コピーを友人にばらまいてもよく、改変や二次創作に利用しても、Tシャツにしても、また販売して儲けてもいい、とのこと。しかも一切の事前連絡なく(利用規約によれば、メールで一ヶ月以内の事後報告は必要、ただ条件に従っている限り拒否はないとのこと)。

成人向け作品に改変しても構わない、と佐藤さんは言います。作品の価値を下げることにはならないのでしょうか。

僕はそうは思いません。『これはパロディなんだ』、ということぐらいは読者にもわかるでしょう。むしろ僕がこれまでに正式に二次使用を許諾している作品(テレビドラマ、映画など)で、僕の作品作りのスタンスとあまりにかけ離れている表現があるとちょっとモヤモヤしますかね。

テロップに「原作 佐藤秀峰」と出てきたら、そのドラマの表現を僕が認めているように受け取られてしまう気がすると言うか。

出典 : 漫画家『佐藤秀峰』にきく「前例なき大ヒット漫画の二次使用フリー化に挑む理由」

これはとても珍しい事例ですが、このように作者が二次使用を認めている場合は、自由に利用することができます。

フリー素材サイトも同じ仕組みとなっています(ただし各サイトごとにクレジットの有無など細かい注意書きはあるので利用する場合は予めチェックしましょう)。

また、これは少ないでしょうが、個別に作者や出版社に許可を取った場合も使用が可能となります。

しかし、二次創作については、ある程度漫画文化の発展のために黙認している(基本的に親告罪)ケースも多く、わざわざ許可を取りに来られるとむしろ拒否しなければならなくなり、出版社側としては「自己責任で勝手にやってほしい」という本音もあるようです。

②引用の範囲内

もう一つ、漫画の一コマやドラマのワンシーンを合法的に無断で転載してよいケースとしては、「引用」の範囲内である場合があります。

第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。

出典 : 著作権法

これはしっかり著作権法でも認められた権利です。それでは、「引用」の条件とはどういったものでしょうか。

以下の条件を満たした場合、合法的に使用することができる「引用」が可能となります。

  • すでに公表された著作物であること。
  • 引用部分が明瞭に区分されていること。
  • 自分の文章と引用部分と「主従関係」にあること
  • 原則として、原型を保持
  • 公正な慣行に合致し、引用の目的上正当な範囲内
  • 出典の明示

細かいことは、以前『ブログで活用「引用」の方法』で書いたので省きますが、こうした点が引用の条件になります。

文章だけでなく、漫画はもちろん、映画やドラマのワンシーン、音楽なども、「公表された著作物」である限り、引用は可能です。

ただし、この引用の範囲が議論になり、一体どこからどこまでが引用なのか、特に「主従関係」や「目的上正当な範囲内」というのが、境界線の難しい話になります。

先ほども触れたように、著作権者が黙認している場合もあり、たとえばインスタやツイッターで著作物の一部を写真に撮って感想を言う、というのも、厳密に言えば著作権法に違反するかもしれませんが、作者でそれを嫌がる、というひとはそれほど多くはないでしょう。

一方で、ネタやパロディのように漫画のキャラクターを使われるのは、嫌だ、という作者もいるかもしれません。

こちらも厳密には違反ですが、商売上の悪影響になるようなことでもないかぎり、訴えを起こす、ということは少ないでしょう。

この辺りは、「主従関係」で著作物のほうが「主」になっているので引用の条件を満たさないというのは分かりやすいですが、ブログなどで(アイキャッチ画像含め)装飾として漫画の一コマを載せたり、他人の撮影した写真を掲載する場合はどうでしょうか。

これは、著作権侵害に当たる可能性が高いと思います。

ブログが、その漫画や写真、ドラマ、映画そのものについて論じている文章であれば、「目的上正当な範囲内」と言えるでしょうが、全く関係がなかったり、単なる装飾として使用しているのであれば、著作権侵害になる可能性が高いと言えるでしょう。

以下は、初心者でも分かりやすい、著作権に関するおすすめの書籍です。

デザイナーや写真家、ブロガーなど、フリーランスを始めるのによいでしょう。