MEMORIBA
フリー素材

ジブリのフリー素材、商用利用は?

ジブリのフリー素材、商用利用は?

スタジオジブリは、これまで著作権に厳しい会社として知られ、ディズニーとジブリは、触らぬ神に祟りなし、ということで危うい橋は渡らないように触れない、というのが各界の認識だったようです。

そのジブリが、作品のフリー素材を公式で提供とのこと。

スタジオジブリ全作品の場面写真が順次公開されることになり、無料で使用可能、ネット上でも話題となっています。

以下、現在公表されているジブリのフリー素材の作品とリンクです。

作品名 監督 公開年 フリー素材
千と千尋の神隠し 宮崎駿 2001年
ゲド戦記 宮崎吾朗 2006年
崖の上のポニョ 宮崎駿 2008年
借りぐらしのアリエッティ 米林宏昌 2010年
コクリコ坂から 宮崎吾朗 2011年 ココリコ坂
風立ちぬ 宮崎駿 2013年 風立ちぬ
かぐや姫の物語 高畑勲 2013年 かぐや姫の物語
思い出のマーニー 米林宏昌 2014年 思い出のマーニー

 

千と千尋の神隠し
監督 宮崎駿 公開 2001年

その他の画像を見る

ゲド戦記
監督 宮崎吾朗 公開 2006年

その他の画像を見る

崖の上のポニョ
監督 宮崎駿 公開 2008年

その他の画像を見る

借りぐらしのアリエッティ
監督 米林宏昌 公開 2010年

その他の画像を見る

コクリコ坂から
監督 宮崎吾朗 公開 2011年

ココリコ坂その他の画像を見る

風立ちぬ
監督 宮崎駿 公開 2013年

風立ちぬその他の画像を見る

かぐや姫の物語
監督 高畑勲 公開 2013年

かぐや姫の物語その他の画像を見る

思い出のマーニー
監督 米林宏昌 公開 2014年

思い出のマーニーその他の画像を見る

利用規約と著作権

ジブリのフリー素材提供に関し、公式サイトを確認しても、細かい利用規約は現在公開されていません。

ただ一言、「常識の範囲でご自由に」という言葉が、ジブリのプロデューサーの鈴木敏夫さんの直筆で掲載されているだけです。

この「常識の範囲」というのも、商用利用も含めてどこまで許されるのか、というのは明文化されていません。

ただ、ラジオ番組『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』の「ジブリと著作権」の回では、鈴木さんとジブリの社員の方それぞれの著作権に関する考え方や思いが語られ、この常識の範囲内の一端が伺えたので、その内容を簡単に紹介したいと思います。

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ アーカイブ

鈴木さんは、子供の頃に誰かの真似をして絵を描いたことはもちろん、出版社で働き始めた1970年代も、まだ著作権のような権利問題に社会が大らかで、雑誌で他人の著作物を結構使用し、その際に抗議を受ける、ということもなかったそうです。

ところが、1980年以降、著作権というのが話題になり、徐々に厳格化、同時にビジネス化していくことに疑問を覚えたと鈴木さんは言います。

僕はどこかで著作物として著したものは、色々なひとが使いやすい環境を本来やる(用意する)べき。いわゆるライセンス商売はもちろんあるわけで、ときにはそれが他人の商売領域を侵すということもあるんだけど、ギリギリだったらいいんじゃないかとかね(笑)

出典 :『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』

著作権は、厳密に指摘しようとすれば、今ネットやSNS上で使用されている画像や、LINEのアイコンなども含め、相当数が法律上は「アウト」になります。

ただ、そもそも著作権というのは、文化の発展に寄与する、というのが本来の目的です。

法律に厳密にし、あまりに息苦しくすることで、逆に文化を窒息死させてしまう恐れもあり、鈴木敏夫さんは、全て取っ払えというわけではなく、ただもう少し曖昧な部分に対しては鷹揚おうようでもいいのでは、という考え方のようです。

ジブリが著作権に厳しいのは、鈴木敏夫さんの意向ではないか、と考えられていたのですが、鈴木さんはむしろ全く真逆の考え方でした。

著作権問題に対する意識が厳しくなり、あらゆる権利がビジネスに代わり、対価が発生する。

恐らく米国が中心となって推進したのだろう(と鈴木さんが指摘する)、権利を売買する巨大な権利ビジネスに、鈴木さんはずっと抵抗感があったそうです。

この抵抗感について、公的な場では口外しないでくれ、と鈴木さんはジブリ内外からお願いされてきたそうで、鈴木さんが著作権に厳しいのだろうという誤解は、こうした背景もあったのでしょう。

また、ジブリの作品は、もはや今まで支えてきてくれた人たち、観てくれた人たちのものであり、場面写真の公開は、その恩返しの意味もあるということ。

そして、もう一つ、鈴木さんが若い頃に好きだった流行作家が、死後急速に忘れ去られ、今では本を手に入れることも難しくなった経験から、ジブリも忘れ去られるのではないか、消えてしまうのではないか、という恐怖もあると語っています。

以上の三つが、場面写真を公開した理由で、こうした鈴木さんの強い思いや背景もあり、今回ジブリは公式のフリー素材の提供に踏み切ったようです。

宮崎駿監督の見解は話にありませんでしたが、これほどはっきりと鈴木さんが主張していることも踏まえると、同意見なのか、あるいは、この辺りのことは鈴木さんを信頼し、一任しているのかもしれません。

さて、「常識の範囲」の境界線の話ですが、ラジオのなかで鈴木さんは一つだけ、「(貶めるような)誹謗中傷だけはやめてね」と語っています。

一方、同席していたジブリの法務部の方は、「もう一点、商用利用もやめてほしい」と発言。

その発言に、弁護士の方や鈴木さんは、すぐに「でも商用利用は難しいと言うが、今なにをもって商用利用と言うか、その境界線がどんどん難しくなっている」と指摘します。

ブログやYouTubeでも、アクセスが増えれば広告収入が増える。

ブロガーやYouTuberが、もしジブリのフリー素材を使用したら、それも「商用利用」というのか、もしお金が少しでも動いたら全部駄目かというと、それはちょっとやりすぎではないか、と弁護士の方が言い、ジブリのスタッフの方も納得。

以下は、あくまで僕が、そのラジオを聞いた上での感想であり、鈴木さんの言う常識の範囲内に関する私見です。

ブログやYouTuberの利用は、それが商用利用であっても、鈴木さん的には、「まあ、いいじゃん」という感じで、もちろんツイッターやインスタのアイコンにしたり、SNSに投稿するのも自由でしょう。

ジブリによほど経済的な損失(この画像素材だけで損失を与えることは滅多にないでしょうが)を与える悪質な行為や、貶める誹謗中傷さえなければ、(著作権というのはあくまで当事者がよいと言っていたらよいというのが基本なので)ほんとうに気楽に、自由に使っていい、ということなのではないでしょうか。

色々改変して遊ぶのも含め、常識の範囲の幅は割と柔軟にして、鈴木さん自身、そういう現象も丸ごと楽しみそうな気もします。

商用利用も、鈴木さんの内心では、結構な部分許してもいいと思っているのかな、という印象でしたが、Tシャツなどグッズにして販売するのは避けたほうがいいかもしれません。

ちなみに、アンディ・ウォーホルの絵の話になった際、スープ缶やマリリン・モンローは権利上問題にならないのかな、誰の許可を得たんだろう、と子供心に疑問に思った、という一人の若いスタッフの発言に、「そっか、そういう時代の子なんだよね、俺らのときの世代は違った、そんなの使うのは当たり前だ、と思ってた(笑)」と鈴木さんはコメント。

また、弁護士さんも、「ウォーホルの作品の具体的な創作過程はわからないけど、(権利上仮に侵害だったとしても)あれにクレームつけたらそっちのほうが恥ずかしいよね」と発言しています。

アンディ・ウォーホル『キャンベルスープの缶』 1962年

鈴木さんが許している以上、ジブリとしてもそれほど細かく目くじらを立てることはないでしょうが、どちらかと言うと、ファンの心理のほうが重要かもしれません。

以前、『星の王子様』の著作権が切れ、イラストが自由に使えるようになったことから、一部改変し、商品パッケージとして使用した際、批判が相次ぎ、即座に販売停止になった、ということがありました。

「星の王子さま」コラボ商品、権利侵害の批判受け2日で販売終了…本当に法的問題はあった?

これも法律上は基本的に問題がなく、主にファン心理が要因となったものでした。

今後、全てのフリー素材が出揃った段階で、正式な利用規約が出るかもしれません(その場合は記事を更新します)。

ただ、現状、「常識の範囲」というのは、ジブリ作品を大切にしてね、ということだと思います。

以下は、初心者でも分かりやすい、著作権に関するおすすめの書籍です。

デザイナーや写真家、ブロガーなど、フリーランスを始めるのによいでしょう。