MEMORIBA
著作権

料理のレシピや味に著作権はある?

料理のレシピに著作権はある?

Photo by rawpixel on Unsplash

料理をする際に、レシピを参考にすることも多いと思います。

どんな素材を使うのか、どれくらいの分量を、どういった手順で調理するのか、といったことが細かく書かれたレシピは、料理にとって重要な設計図です。

場合によっては「秘伝のレシピ」のように秘密性の高いレシピもあるでしょう。

しかし、ネットの普及もあって、料理人が教えるレシピが無断転載されることも多いと言います。

料理の材料や調理方法を書いたレシピが、インターネットのブログなどに無断で転載されるケースが増えていることで、料理研究家らが困惑している。

テレビや雑誌などに取り上げられたり、料理教室などでお金をとって生徒に教えたりしたレシピが許可なく公開され、誰でも見ることができるようになることで、「自分のアイデアなのに…」「(お金をとっている)他の生徒に申し訳ない」との思いを募らせている人たちが相次いでいる。

出典 : 料理レシピに「著作権」なかった 「創作料理」も法的に守れない?

それでは、こうしたレシピに「著作権」は存在するのでしょうか。

結論から言うと、レシピに著作権はありません。レシピは著作物ではない、というのが現状の解釈のようです。

著作権法で守られる著作物の定義は、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」です。

レシピは、あくまでも「情報」であって、思想や感情を創作的に表現したものではありません。

また、著作権の考え方では、「アイデア」の段階で保護されるということもありません。

どうしても料理のレシピを守りたい場合は、「発明」ということで特許出願するか、創作料理のメニューを商標登録する、という方法もあります。

ただ、レシピの権利はグレーなので、必ずしも守られるというわけではありません。

例外として、料理のレシピ本や写真などは、著作物として保護される可能性は高いようです。

また先ほど「秘伝のレシピ」と言いましたが、こちらも、企業秘密であるものを不正に持ち出して公にされれば、不正競争防止法違反に該当する可能性も出てきます。

料理の味に著作権はある?

料理のなかには、一方変わった独特の「味」もあります。

この味には、果たして著作権があるのかどうか、といったことが、欧州司法裁判所で争われました。

争われたのは、オランダ企業が売り出したクリームチーズとハーブを混ぜた「チーズ」。

この企業が発売を始めたあとに、別の企業がこのチーズの味の真似たチーズを発売し、著作権侵害ということで裁判になっていました。

欧州司法裁判所の判決は、「味に著作権はない」というものでした。

保護の対象となる著作物には、以下の二つの条件が必要とされています。

①オリジナルな知的生産物である

②十分正確かつ客観的に識別が可能な創造による表現である

このうち、②の「客観的に識別が可能」が、「味」には当てはまらないという理由から、「味に著作権はない」という判断が下されました(参照 : 財経新聞)。

味はあくまで主観的で、現代の科学では客観的に「味」の差異(類似性)を見分ける術がない、ということのようです。

以下は、初心者でも分かりやすい、著作権に関するおすすめの書籍です。

デザイナーや写真家、ブロガーなど、フリーランスを始めるのによいでしょう。